沖縄へ〜part2〜

今回の沖縄の旅のテーマは生き物とのアドベンチャーなアクティビティ!

そしてそのうちの一つが馬と海で遊ぼうというもの。
名付けて「海馬遊び」

以前テキサスで馬とたくさん触れ合ってからというもの、乗りたい乗りたい遊びた〜〜い!とうるさかった息子のリクエストで実現しました。
たんに乗馬体験をする、というものとは少し違い、テキサスで体験したのと同じ【ナチュラルホースマンシップ】を元にした、精神的な繋がりを重要視して調教された馬とのコミュニケーション遊び・・・とでもいいましょうか、乗物&家畜的扱いではなく、人とコミュニケーションをとるのと同じような気持で接する?感じかな〜そういうことがベースになっているから馬さんたちは毛艶も良く、健康でとても穏やか〜(と言っても素人の我々は結局スタッフの方の手助け無しでは乗れないんですけどね・・・)なんです。

我が家の場合は同じ旅行に行くのでも、ただ観光しておしまいというのではちょっともったいない、とついつい元取り作戦に出てしまうクセ(笑)があるので、何かしら学びを得られるものを取り入れたいと計画してしまいます。011.gif

もちろん子どもなので遊びがベースなんだけど、少しでも心のあり方や、何かを創造できたり、空想できたり〜が可能だといいなと・・・。

「海馬遊び」は素晴らしかったです。乗馬経験の浅い人でも、子どもでも、体力なくても、ばっちり遊ばせてくれます、お馬さんが(笑)。
馬の苦手なおしり付近だって触らせてくれて、あげくに尻尾を掴んで海の中で引っ張って貰うんです。おったまげ〜!信頼感ないと無理でしょう、普通。。。

この海馬遊びの馬たちは「与那国馬」という種類の馬で体型が小型で基本的に温厚なのが特徴なんだそうです。この「与那国馬」は与那国町の天然記念物に指定されていて、日本に8種類いる在来馬(和種馬)の1種なんだそうです。詳しくは→ヨナグニウマってどんな馬?


このホースファームでは他に犬と山羊とニワトリと猫が飼われているのですが、山羊も何だか懐いていてカワイイし、捕食者の犬と被捕食者の山羊が仲良く並んで遊んでいるのが不思議な光景で、息子もここで何時間でも過ごしていたいと帰るのをごねてました(笑)


まったり〜〜〜3ショット?
a0261182_15101181.jpg



なんか馬が大変そうに見える(汗!)
このまま遠浅の海の沖合へどんどん進んで行って、馬のお腹が海に浸る程度まで海水の中に入ります。
a0261182_15111768.jpg





049.gif 那覇から車で3~40分で行ける!
072.gif・・・ポチッとお願いしま〜す

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-08-18 15:27 | 戻って(遊び)
<< 沖縄へ〜part3〜 沖縄へ >>