100,000年後の安全

こんな映画を観ました。

観たのは旦那さんが買ってきたDVDですが、震災後にシアターで息子と観たことがありました。

映画『100,000年後の安全』



初めて観たときは、映画の初っぱなから衝撃的な事実にぽかんとしながらも見入っていましたが、単調なリズムとゆったりした映像にだんだん強烈な睡魔が襲いかかり、中盤からぱったりと記憶がなかったんです012.gif
でもなぜか(笑)息子は寝ないで観ておりました。内容もある程度理解していたようで、びっくり。

なので、今回のDVDは気合いを入れつつ、頑張って観ました027.gif

1年前に観たときより、痛烈に感じたのはやはり日本の原発に関しての危機感の乏しさ・・・・。昨日のNHKスペシャルでも放送されていましたが、結局福島の原発がことごとくメルトダウンしていった経緯の中にあったのは、準備しておくべき対処がなかったこと・・・・。

原発を所持するならば、事故ありきで備えるべきものが、備わっていなかったと言う現実が、恐ろしくも淡々と報道されていました。

この映画は原発自体に言及しているのではなく、その廃棄物の事を描いています。

「原発から生まれる放射性廃棄物の危険について」
ここまで徹底した管理を考えているにもかかわらず、完全ではないと頭を抱える担当者たち・・・・。


既に水素爆発させてしまい、メルトダウンまでしている原発を「冷温停止したので大丈夫」と言い切る日本政府・・・。

日本は・・・・子ども達が成長する数十年後にどこに向かっているのでしょう。




この映画は、世代を超えた人類の子孫に対して、今を生きる我々の責任やモラルというものを問いかけているのだと思います。私自身が今まで生きてきた中では、自分がどう生きていくかは教わることも考えることもあったかも知れませんが、人類とか地球とかそういった単位で生き方を考えるという事を実際にはしてこなかったと反省しています。

自分が子どもを育てている中で、矛盾をきたさないようにモラルと実際の生活における損得や利得をどう教えていくかは、常に葛藤があります。

お金も大事、でも命はもっと大事・・・

人として根源的なことを伝えておきたい。でも自分自身がまだまだ学び中・・・・。


そんなことをふと、考えた週末でした・・・・057.gif

さて、そろそろ帰省してくる息子と夏休みはどう過ごすかな〜〜〜〜〜070.gif






↓ 049.gif 生活不規則にならないようにしないと〜ポチッとお願いしま〜す

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2012-07-22 16:19 | こっちの事
<< 息子が夏休み帰省〜〜 そろそろ帰省の準備〜〜 >>