国内25年ぶり〜日本の広い範囲で見られるのは平安時代以来〜

国内では25年ぶり〜日本の広い範囲で見られるのは平安時代以来932年ぶり〜  という
金環日食!見れました〜〜〜〜〜〜やった〜〜〜〜曇り予報で、実際曇りだったけど、雲の切れ間から太陽が覗いたり、薄雲がフィルター代わりになって日食グラス無くても、見ることが出来たり(あまり目には良くないです!)したので、満足〜〜!

屋久島も雨予報だったのに、コロコロと天気の変わる永田は『お天気最高!』で見ることが出来たそうです!この日ばかりはこのコロコロ変わる天気が幸いしましたね。

今日は金環日食で日本列島が朝、大騒ぎでしたね。
ここ浦安でも登校前の子供達やら近所の方やら、みんなあちこちで歓声と共に感動を共有していました。

息子の住む永田では、事務局の方が寄付を募って日食グラスを購入してくださり、永田橋からみんなで観測したそうです。空が広いから天気さえ良ければ観測にはもってこいでしょうね〜〜〜。




こちらは、永田の様子
a0261182_8544196.jpg

a0261182_8553033.jpg




これは木漏れ日を撮ったもの。三日月型の木漏れ日がわかりますか?
a0261182_8553531.jpg




こちらは、浦安で撮った日食の写真(既に部分食になってしまってますね。下手ですんません040.gifiphoneで撮ったんだけど)
a0261182_8543260.jpg



次に日本で見られる中心食(金環日食・皆既日食)は、18年後の2030年6月1日の金環日食です。北海道の大部分でこの金環日食を観察することができるそうです。



↓ 参加してみました049.gifまだまだ頑張ってるね?と思われたらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2012-05-21 09:19 | 留学
<< 自立と共存 少人数の環境という修行 >>