命をかけて守るふるさと 「嶽参りの山」永田岳

屋久島の永田岳は、新日本百名山にも選定されている九州でも宮之浦岳に次いで2番目に高い標高の山です。あらら、屋久島に九州ベスト2があるということですね〜。
もちろん、世界自然遺産の森林生態系保護地域保存地区にも指定されています。

この永田岳の頂上には祠があって、永田集落の人々は自然の恵みを感謝し、生活の無事を祈願するため、「嶽参りの山」として永田浜の砂をお供えして参拝の対象としてきたんだそうです。とはいっても、年月とともにそういった慣習は徐徐に衰退していき、10数年前までは殆ど行事は行われてこなかったそうです。

しかし、「伝統行事の衰退が集落の、やがては島の存続の危機につながる。世界遺産という価値を屋久島に生きる者たちが責任を持って共有し、命をかけてこの島を守らねば」という思いで、柴鉄生さんという方(『屋久の子の家』の経営者&永田区長)が復活に尽力をかけられ、この10年あまりでまた伝統行事として定着しました。

「嶽参り」はかなり厳しい行程ですが、それよりは少し穏やかな道のりを永田中学校の生徒たちが登る「学校登山」がこの16日〜17日にありました。今年度で永田中が閉校になるため、その記念行事となった今回の学校登山に里親さんも参加され、生徒達と共に雄大な御来光を拝まれたそうです。

a0261182_22585044.jpg





息子が留学を決めたときの理由のひとつとして、『ふるさとと思えるところがもうひとつ欲しい・・・』と言った言葉を思い出しました。心からこの土地が好きだと言えるような里を持つって、実はとても努力のいることなのかもしれません・・・。地元や住んでいる町にどれだけの思いをかけられるんだろうか・・・。果たして、『命をかける』とまで思えるのだろうか・・・。




「屋久島巡礼 永田岳「嶽参り」 」




↓ 参加してみました049.gif頑張ってるかも?と思われたらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2012-05-18 23:17 | 留学
<< 少人数の環境という修行 今宵は「しずく」の打ち上げ!! >>