屋久島で里親さんと・・・

屋久島を私たちが発った後、里親さんの配慮によって息子は寂しさを紛らわし、こちらの生活にスムーズに入っていけたようです。というのも、わたしたちと別れた後、一緒に永田浜を散歩し、夕焼けを眺め、お父さんとお風呂に入ったりして過ごしたそうです。

里親さんにはこれからも沢山お世話になっていくのですが、そのご苦労や心労を思うと、本当に頭が下がります。

一旦引き受けたとは言え、何処の馬の骨かもわからぬ(←私の事ですよ)、親とその子ども・・・。それに人の子を預かるにはそれなりの責任も発生するのですから、そう簡単ではないですよね。親戚の子どもを預かるのだって、緊張して気疲れしてしまいそうです・・・。しかも1年・・・・。

生意気も言うだろうし、我がままも言うだろうし、勝手な行動も取るだろうし、怪我したり、病気になることもあるだろうし・・・・。どう躾けられてきたのかもわからないし、価値観も違うだろうし、心配性にはできないかもしれません008.gif  凄い事です。  感謝です。

a0261182_0131933.jpg









人はどれだけの人に支えられたり、助けられたりして、生きていくのかわかりませんが、私たち家族は多くの方に支えられて今、生かせて頂いています。。。ありがとうございます!
[PR]
by taaachen | 2012-04-07 20:30 | 留学
<< いそもん? 別れの日 >>