「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

マラソン大会

火事の一件でバタバタしていた留学生の周辺もほんの少し落ち着いたようで、26日に屋久島一周(厳密には一周にはならないみたいだけど)マラソンがあったようです。
子どもたちそれぞれの気合い(?)と忍耐で走り抜けたみたい〜。でも少しお天気が悪くなったので途中少しはしょった(?)ようです。
5年生で、1.5kmを5〜7回ぐらい走ったそうです。
a0261182_21491038.jpg



屋久島のマラソンなら空気も良いし、風景も良いから楽しいよね・・・・・と思っていたら・・・・
月末の中国の大気汚染のニュース!九州にやってくる・・・。取りあえず、マラソン大会が終わっていて良かったけど・・・emoticon-0141-whew.gif

「PM2.5」というほとんどが直径2・5マイクロメートル以下の微小粒子状物質が飛散しているらしいけど、これが扁桃腺などに悪影響をあたえるらしい・・・。本当は通常のマスクではこの物質は通過してしまうので、防護マスクが必要なのかも。こういう時、離れているのでどう対応すべきか、悩むところです・・・。

「NEVERまとめ」



emoticon-0148-yes.gif マスク〜・・・emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-31 22:07 | 留学

火災について

このブログに書こうかどうしようか迷いましたが、全国ニュースにもなりご心配をお掛けしているままになっている方もいらっしゃるので、アップします。

21日未明、息子の留学先の屋久島永田町集落内で火災がありました。住宅9棟を焼くこの火災により、焼け跡からお二人が遺体で見つかりました。警察は、放火の可能性が高いとみて調べを進めているところです。

ニュースでも流れているので状況はニュース動画にて。

FNNニュース

KTSニュース


21日にこのニュースを受けたときはとにかく、驚きと心配で居ても立っても・・・でしたが、いろいろといただいた周囲の方の情報で状況がわかり少し安堵しました。情報提供して下さった皆様、ありがとうございました。そして、屋久島でご尽力いただいた皆様、ありがとうございました。

息子と息子の里親さん宅は無事で、息子は通常通り学校に行っています。

しかし、火事にあったお家は9棟。そしてその中には留学生のいるお家もあり、子どもたちやその関係方々のことを思うとやりきれません。放火ということで現在一人の男が事情徴収を受けていると言うことらしいです。


亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


追記:(1/26)
放火をした人物が逮捕されましたね。
NHKニュース

[PR]
by taaachen | 2013-01-23 01:30 | 留学

講演会終了しました〜

「東京湾 いのちの物語 海の記憶 私たちに引き継がれてきた大切なもの」

無事終了いたしましたemoticon-0102-bigsmile.gifお越しいただいたお友達や各関係の皆様に心より御礼申し上げますemoticon-0139-bow.gif


400人キャパで342名のご来場を頂きました。
ぶっちゃけ、1週間前まで百数十名だったので、大丈夫か〜?と焦っておりましたが追い込みの凄いこと・・・・。ママパワーemoticon-0165-muscle.gifはハンパ無い!当日もたくさんの方に来ていただきました。

しかも、スタッフのママたちの適材適所パワーたるや凄い。このまま会社できるじゃん、とかって思いました。勿論付け焼き刃なところも多々あったので、自分のことも含め素人くさく終わったこともあります。でもね、右左わからないことだらけの普通のママ達でやったんですから〜〜〜。(すっかり自分がもの凄く頑張ったって錯覚しちゃったわ〜〜〜www)


内容的なことはこれからまたまとめたり、残務も沢山あるのですが、ちょっとさわりだけ・・・・。

「シロツメクサの会」は311以降の放射能汚染から子どもを守りたいという主旨でママさんたちが集まり、線量測定や行政への請願や署名などの活動に加え、自分たちももっと多くの有識者から学びたいわという思いで講演会などを企画してきました。そうやって運営していく中で、日本がおかれているいろいろな状況がちょっとおかしいでしょう、というところに行き着き、自分達の子どもが大人になったときに一体どういう状況にありえるのか、これは何か地道でも働きかけておかねばならないのでは?と思いはじめました。

そんな思いを今回の講演会でお二人に違う視点で語って頂いたわけです。


講演者の大野一敏さん加藤登紀子さんもグローバルな視野で語りかけてくださり、大野さんからは、東京湾を守り江戸前の魚を次世代に残していくためにはどうしていけばいいのかを、311以降の風評被害と安全策として水揚げされた魚の測定を毎日続け結果を公開しているということをお話頂きました。加藤さんはご自分の歌(Revolution)を歌われるときに「今の若い人は日本はこんなものと諦めている。でも日本ももとからこういう経済社会だったわけではない。何十年か前の昔はまだまだ海も山も循環できていた。revolutionは革命ということだけではなく動詞のrevolve(廻る・循環する・巡る)も包括する。子ども達のためにも、闘うという革命ではなく、これからは巡り周り循環する社会を次世代に伝えていくという意味でのSmile Revolutionです」とメッセージいただきました。「今静かなRevolutionが起きてます」と。。。

その後、加藤さんと打ち上げの席でお話ししました。
小さなコミュニティー社会を協力にして、それがたくさん集まったとき住みやすい生きやすい社会ができるのでは?と。



社会構成の話しをするとやれ、右だの左だの、となりがちですがそういうことではなく、自分が住む町が住みやすい方がいいじゃないですか、とただそれだけなんですよね。

どうしても大きな力の前では与えられた情報が全てで、置かれている環境は自分たちではどうしようもなくて・・・・となってしまう、これもそう思わされているだけだと多くの人が悟り、語り、伝え、行動すれば変わっていくはず。

偉そうなことを言えるだけのことは何も出来ていない自分ですが、せめて記憶と感情が鮮明なうちにここに書き留めておこうと思いました。

駄文、失礼いたしました〜〜。

屋久島も山は雪景色だそうです・・・・。こちらも偉いことになってます・・・。気を付けよ〜〜。
a0261182_11391828.jpg



最後に・・・今回はうちの父ちゃんも凄い協力してくれました〜。本当にありがとう〜〜〜!!




emoticon-0148-yes.gif まだ残務が・・・emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-15 11:41 | こっちの事

明日!

いよいよ明日になってしまいました〜!

「東京湾 いのちの物語 海の記憶 私たちに引き継がれてきた大切なもの」

いろいろ準備に追われて、しかも当日の仕込み時間の少なさにてんやわんや!しかもインフルエンザが流行りだして、それも大変!でも多くの人のお力添えと皆の協力のおかげでここまで来られました。感謝です。

そういえば、息子が留学に出てからは学校関係や習い事にも顔を出さなくなるので、すっかり小学校がらみの付き合いが無くなっておりましたemoticon-0101-sadsmile.gifそんな不義理な私のお願いを快く聞いてくださったお友達や自治会の会長や子ども会のみなさま!ありがとうございます!

先日、こんな記事がグリンピースのHPにアップされていました。まさにこの方が講演してくださいます。


「ママうみ座談会 第4回 千葉の漁港を訪ねて 漁業関係者からの声」

第15回目調査
「千葉県の船橋港、保田港、勝山港、岩井港、富浦港、船形港、鴨川港で行った海洋調査」はこちら。(グリーンピースより)


便利なだけの食に依存するのではなく、そのものがどこから来てどこへ行くのか、ほんの少し考えて思考を巡らす・・・・そうすることで次世代の子どもたちがまた少し知恵をつけることができるのではないでしょうか。






emoticon-0148-yes.gif 来て来て!emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-12 23:43 | こっちの事

そして新学期「屋久島」へ

冬休みが終わって、息子はまた屋久島へ戻っていきました。

前日まで宿題と格闘してぎりぎりで出来た(?のか?)ようで、荷造りして出発しました。
前の日には「戻りたくないな〜、このままここにいたい・・・」とこぼしていましたが、出発当日空港で同じくかめんこのお友達に合流するやいなや、親のことなどどっちらけ〜で盛り上がり、ワイワイしながら飛行機に乗り込んでいきました〜とさ!

同じ飛行機に種子島の留学生(おそらく宇宙留学)も同乗で、そのグループと一団でまとめて案内されてました(笑)種子島のお母さんたちともちらっとお話しし、それぞれの思いの中、皆子どもたちを見送りにこられていました。でも子どもたちは同じく友達同士でワイワイ〜〜。
こっちを振り返ることもなく、飛行機に乗り込んで・・・。親曰く『こんなもんだよね〜www残される親の方が寂しがってるよね〜』

激しく同意!(日本語変?)

ということで、残りあと3ヶ月弱になった留学生活。大いに悩み喜び苦しみ楽しみ・・・体験していってもらえればと思います。

a0261182_13233095.jpg

a0261182_13234119.jpg







emoticon-0148-yes.gif さて新学期!emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-09 13:27 | 留学

東京湾「いのちの物語」

シロツメクサの会のイベントの紹介です。

a0261182_2049524.jpg


a0261182_20491134.jpg




浦安在住ママたちと頑張って勉強しよう!って企画しました。お近くの方は是非いらしてくださ〜いemoticon-0105-wink.gif

わたしたちは次世代を生きる子どもたちに何を残していけるのか、東京湾は今どうなのか・・・。
そのようなキリクチで今回の講演会は企画されました。加藤登紀子さんは私の世代より前の方には「百万本のバラ」でご存じではないでしょうか。で、その後は「難破船」も有名ですね。最近ではジブリ映画の「紅の豚」の主題歌「さくらんぼの実る頃」でもお馴染みですemoticon-0159-music.gif

政党が自民党に替わり、早速原発を再稼動するために精力的に動いています。
しかしながら、膨大な量の核のゴミをどう処理するかや、先の原発事故で今なお放射能を放出し続けている福島第一原発の廃炉さえも、目処が立っていないことは周知の事実です。

問題を先延ばしにするのも、取りあえず経済と置き換えて主張したり、国防のためと核武装に走るのも、結局は今の政治家たちが引退し、亡くなった後に尻ぬぐいさせられるのはわたしたちの子ども世代になります。
そのとき、後悔しないために、私たちはこの先何をこどもたちに残せるのか、今一度考え学ぶときなのではないでしょうか。

浦安もその恩恵を受けている東京湾。その東京湾にも2年後には大量の放射性物質が流れこむと昨年NHKは報道しました。
その報道内容は実際のところどうなのか。これから先日本の漁業はどこへ向かうのか。私たちのこどもたちに、日本の食卓を伝え残していけるのか。

60年以上東京湾で漁を続け、サンフランシスコ湾計画にも携わり、開発や原発事故のたびに政府や各省庁、海と向き合ってきた大野一敏さん。その大野さんにそのあたりをお話ししていただきます。

そして、水中写真家の中村征夫さんの東京湾の水中写真を流しながら、加藤さんのライブと大野さんのトークで浦安の新年をスタートさせていただきます。


どうぞぜひぜひお越しください。そして、よろしければ拡散の方もよろしくお願いいたします。


PS:
『行きます!』とだけ連絡くだされば、前売り価格で当日清算の置きチケットできます。お名前・枚数・連絡先・ご住所を明記の上、service-center@sirotsumekusa.sakura.ne.jp の連絡先にお知らせください。(このブログにコメントでもOKです〜〜)


*****************************
東京湾 いのちの物語
~海の記憶 私たちに引き継がれてきた大切なもの~

加藤登紀子×大野一敏×中村征夫(トーク&ミニライブ&写真)
さまざまな生き物たちが暮らす東京湾
暮らしに密着しながら、この海の中のことを
知る者は少ない
激動の変化を遂げた東京湾で
60年以上漁を続けてきた男がいる
その姿を追った水中写真家がいる
彼らの目を通して見えてきた東京湾は想像以上に
豊かな海だった
すべては遠く太古から脈々と受け継がれている
そしてつながっている
埋め立て、開発、地震、原発事故・・・
東京湾で今何が起こっているのか
東京湾から見えてくる
私たちが直面している現実
子どもたちに残していきたい大切なもの
大野一敏と往年の友人たちによる「うた×語り×写真」の夜
***************************
浦安市文化会館小ホール
http://www.urayasu-kousha.or.jp/urayasu-bunka/
入場料 前売1500円 当日1800円(全席自由)
2013年1月13日(日)
開場18:15 開演18:40  終了20:45
主 催  シロツメクサの会 
http://sirotsumekusa.sakura.ne.jp/xoops/

後 援  浦安市 
     東京湾北部巻網事業協働組合
     株式会社中村征夫オフィス
お問合せ シロツメクサの会  
service-center@sirotsumekusa.sakura.ne.jp 
Tel&Fax 047(355)8514 
チケット取り扱い窓口
■浦安市文化会館 (前売り・当日)
■市民プラザWAVE101(前売り・当日)
■ローソン  ( 前売り )
 Lコード35570
店内のLoppi(ATMのような機械)にLコード「35570」を
持っていき操作すればその場で簡単に購入できます。

※中村征夫さんは写真のみの参加です

**********************
シロツメクサの会より

大野さんは激動の変化を遂げる東京湾で60年以上魚を追う
船橋漁協の親分。
登紀子さんはシンガーソングライター。
千葉県鴨川で土を耕し大自然とのゆるやかな共生を模索・実践し
幅広い分野、年齢層にファンがいます。
中村さんは知る人ぞ知る水中カメラマン。

この3人は実は往年の友人同士。

世界中の海をめぐり魅力的な写真を発表し続けている中村さんが
東京湾の魅力に取りつかれ続けているのはなぜでしょう。
大野さんはなぜ開発が進む東京湾で漁師を続けてきたのでしょう。

お二人のお話を聞けば聞くほど東京湾への思いは熱く、開発や
環境汚染とのせめぎ合いの中、私たちに脈々と引き継がれて
いる海の生命力をズンと感じワクワクします。
こんなに近くに暮らしながら、全然知らない世界が
広がっていました。
 
けれどもどうして今、東京湾?って思った方も
たくさんいるんじゃないでしょうか。
原発事故を受けて子どもたちの被爆を心配し、見えない
放射能がら子どもたちを守っていきたいと発足したシロツメクサの会。

内部被爆のこと、原発のこと、エネルギーのこと…いろいろ勉強もしてきました。
原発から漏れ出した放射能が、この東京湾にも大量に流れ込む…と
NHKスペシャルで放送され戸惑ってもいます。
この事態にどうやって向き合っていけばいいのか。
私たちは何を失ったのか。
子どもたちに何を残していきたいのか。

大人として、生き物として様々な選択肢を迫られている
節目の時と認識を深めていきました。

だからこそ今、身近にある大切な宝物を再発見し、それを
次世代に残して行くために私たちがどうしたらいいのか。
海の魅力、人の魅力、登紀子さんの歌声に酔いしれながら、
現実を見つめ、希望を育み、いろんなことを感じられる
夜を過ごしましょう!

**************************
プロフィール
大野一敏
1939年3月船橋生まれ。「大平丸」社長。
東京湾北部巻網事業協働組合長、千葉県内湾巻網組合長を兼務。
船橋市観光協会会長。
NPO「ベイプランアソシエイターズ」を率い、海への提言も。
著書『東京湾で魚を追う』(草志社)など。柔道4段。船橋市湊町在住。

中村征夫
1945年秋田県生まれ。水中写真家。
ライフワークの東京湾をはじめ、海の環境問題や事件報道にも果敢に取り組み、
新聞、テレビでスクープ報道をするなど、フォトジャーナリストとして活動。
海の魅力、海をめぐる人々の営みを伝えている。
第13回木村伊兵衛写真賞、2007年度日本写真協会年度賞、第26回土門拳賞などを受賞。


加藤登紀子
シンガーソングライター。カーネギーホールで2度のコンサートを成功させ、
‘92年にはパリのラ・シガール劇場でのコンサートが認められ、フランス政府
より文化勲章「シュバリエ」が贈られる。
ヒット曲に「ひとり寝の子守唄」、「百万本のバラ」などがあり「知床旅情」はミリオンヒット。
3・11東日本大震災後には被災地を度々訪れ復興支援活動を行い、
鎌田實とCD「ふくしま・うた語り」を発表。
「鴨川自然王国」理事。WWFジャパン評議員。
2012年11月New Album「登紀子旅情歌―風歌KAZEUTA」(ユニバーサルミュージック)よりリリース。
近著:「命を結ぶ」(中央法規出版)
http://www.tokiko.com/








emoticon-0148-yes.gif 来て来て〜emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-06 06:00 | こっちの事

帰省の終わり・・・

明けましておめでとうございます!(ってちょっと遅いですが・・・)

年末年始連続お仕事だったので、少々忙しくしておりました。

私が子どもだった頃は年末年始は正月準備と本番と、正月明けてからもしばらくはお店も全部お休みで、遊びにいくところは映画館ぐらいで、おせち用意していなかったら本当に食べるものがお粗末になる状況だったと記憶しています。だからこそ、大切な日々で家族揃っていろいろと用意したのでしょう。

今はもう元旦からスーパーマーケットは開いているし、遊び場所は今が稼ぎ時とばかり大賑わいだし、逆に普段の日の方が静かですよね・・・。自分がパート仕事しながらもそんな事をふと考え、このエネルギーを考えていく社会の中、でも低迷する経済事情の中、何をどんなレベルで選択していくのか悩むところです。

息子は帰省してからまたもや宿題との格闘で1日1日を過ごしつつも、会いたかった友人たちと遊び、お出かけはさほどなかったものの、楽しい冬休みを過ごしました。明日、また屋久島に戻りますemoticon-0106-crying.gif

彼の中で芽生えた小さな発見や探求心のようなものが消えてしまわないように来年度を迎えてやりたいと思いますが、これがなかなか難しいところです。ほっとけば、忘れてしまうだろうし、あれこれ構うのも親のエゴになってしまいます。本当は我が侭を言って、アレしたいコレしたいと伝えて欲しいとも思いますが、漫然としているようです。

今まで無視だった音楽への興味が出てきたけど、こちらの小学校のブラスバンドは女子ばかり・・・。何か習う?といっても本人の希望のドラムは習うところがないし・・・。何か良いアイデアありませんか〜〜?(と他力本願emoticon-0138-thinking.gif

長いな〜と思っていた留学期間の1年もあと3ヶ月弱・・・。

本人は「2月が長いんだよ・・・」emoticon-0147-emo.gifと言ってますがemoticon-0136-giggle.gif


あともう少し屋久島の皆様にお世話になります・・・よろしくお願いいたします〜〜〜emoticon-0139-bow.gif


ここまで使ったら、鉛筆も天寿を全うしたと思うよ・・・emoticon-0131-angel.gif
a0261182_13581886.jpg








emoticon-0148-yes.gif てか、はよ宿題せ〜〜!emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-05 14:05 | こっちの事