「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:こっちの事( 25 )

ドキュメンタリー映画の勧め

息子が屋久島に留学してから11ヶ月目になりました。あと少しで留学生活も終わりになります。
本人的にはこの1月2月がやたらと長く感じる月らしいのですが、私はめちゃくちゃ早く日々が過ぎております(年をとったちゅうことやね)・・・。私も子どもの頃は1日が長かったな〜。むふふ。
留学生活も最初の頃は連絡を取りすぎて(そういう意識は無かったんですがemoticon-0141-whew.gif)かえってホームシックにさせてしまったこともありました〜。夏休みが終わってからはほとんど直接の連絡はとらずに過ごせているのがなんとも不思議なものです。

そうなると・・・留学テーマのこのブログもあまりアップするネタもなく(いやいや言い訳だ〜ぎゃはは)サボり気味なのなのでまたいつものこっちで気になったこと・・・でも残しておこうかと思います。


浦安の「浦安市民プラザWave101 多目的中および小ホール」にて、下記の映画祭が行われます。
活動に参加しているわけではないのですが、いいドキュメンタリー映画を上映されるので、お勧めしたいと思います。

第2回うらやすドキュメンタリー映画祭

a0261182_0362041.jpg
a0261182_0365846.jpg


私はこの中の“モンサントの不自然な食べもの”を観に行こうと思っております。モンサントについては検索すればいろいろと出てくるので割愛しますが、ここから世の中の大企業がなせる様々な画策というものを否応もなく感じ取ることが出来ると思います。


それはたとえ子どもであっても理解できる“おかしなこと”なので、こういうことを発表しちゃう子どももいたりするわけです〜
いつもの事ながらTEDに出てくるプレゼンターは凄いわ〜。というか人前でこれだけ堂々と話せる11歳って・・・(息子と同じ歳!)



TED バーク・ベア
「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」

a0261182_0574073.jpg





emoticon-0148-yes.gif 大豆もな〜
emoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-02-08 01:30 | こっちの事

講演会終了しました〜

「東京湾 いのちの物語 海の記憶 私たちに引き継がれてきた大切なもの」

無事終了いたしましたemoticon-0102-bigsmile.gifお越しいただいたお友達や各関係の皆様に心より御礼申し上げますemoticon-0139-bow.gif


400人キャパで342名のご来場を頂きました。
ぶっちゃけ、1週間前まで百数十名だったので、大丈夫か〜?と焦っておりましたが追い込みの凄いこと・・・・。ママパワーemoticon-0165-muscle.gifはハンパ無い!当日もたくさんの方に来ていただきました。

しかも、スタッフのママたちの適材適所パワーたるや凄い。このまま会社できるじゃん、とかって思いました。勿論付け焼き刃なところも多々あったので、自分のことも含め素人くさく終わったこともあります。でもね、右左わからないことだらけの普通のママ達でやったんですから〜〜〜。(すっかり自分がもの凄く頑張ったって錯覚しちゃったわ〜〜〜www)


内容的なことはこれからまたまとめたり、残務も沢山あるのですが、ちょっとさわりだけ・・・・。

「シロツメクサの会」は311以降の放射能汚染から子どもを守りたいという主旨でママさんたちが集まり、線量測定や行政への請願や署名などの活動に加え、自分たちももっと多くの有識者から学びたいわという思いで講演会などを企画してきました。そうやって運営していく中で、日本がおかれているいろいろな状況がちょっとおかしいでしょう、というところに行き着き、自分達の子どもが大人になったときに一体どういう状況にありえるのか、これは何か地道でも働きかけておかねばならないのでは?と思いはじめました。

そんな思いを今回の講演会でお二人に違う視点で語って頂いたわけです。


講演者の大野一敏さん加藤登紀子さんもグローバルな視野で語りかけてくださり、大野さんからは、東京湾を守り江戸前の魚を次世代に残していくためにはどうしていけばいいのかを、311以降の風評被害と安全策として水揚げされた魚の測定を毎日続け結果を公開しているということをお話頂きました。加藤さんはご自分の歌(Revolution)を歌われるときに「今の若い人は日本はこんなものと諦めている。でも日本ももとからこういう経済社会だったわけではない。何十年か前の昔はまだまだ海も山も循環できていた。revolutionは革命ということだけではなく動詞のrevolve(廻る・循環する・巡る)も包括する。子ども達のためにも、闘うという革命ではなく、これからは巡り周り循環する社会を次世代に伝えていくという意味でのSmile Revolutionです」とメッセージいただきました。「今静かなRevolutionが起きてます」と。。。

その後、加藤さんと打ち上げの席でお話ししました。
小さなコミュニティー社会を協力にして、それがたくさん集まったとき住みやすい生きやすい社会ができるのでは?と。



社会構成の話しをするとやれ、右だの左だの、となりがちですがそういうことではなく、自分が住む町が住みやすい方がいいじゃないですか、とただそれだけなんですよね。

どうしても大きな力の前では与えられた情報が全てで、置かれている環境は自分たちではどうしようもなくて・・・・となってしまう、これもそう思わされているだけだと多くの人が悟り、語り、伝え、行動すれば変わっていくはず。

偉そうなことを言えるだけのことは何も出来ていない自分ですが、せめて記憶と感情が鮮明なうちにここに書き留めておこうと思いました。

駄文、失礼いたしました〜〜。

屋久島も山は雪景色だそうです・・・・。こちらも偉いことになってます・・・。気を付けよ〜〜。
a0261182_11391828.jpg



最後に・・・今回はうちの父ちゃんも凄い協力してくれました〜。本当にありがとう〜〜〜!!




emoticon-0148-yes.gif まだ残務が・・・emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-15 11:41 | こっちの事

明日!

いよいよ明日になってしまいました〜!

「東京湾 いのちの物語 海の記憶 私たちに引き継がれてきた大切なもの」

いろいろ準備に追われて、しかも当日の仕込み時間の少なさにてんやわんや!しかもインフルエンザが流行りだして、それも大変!でも多くの人のお力添えと皆の協力のおかげでここまで来られました。感謝です。

そういえば、息子が留学に出てからは学校関係や習い事にも顔を出さなくなるので、すっかり小学校がらみの付き合いが無くなっておりましたemoticon-0101-sadsmile.gifそんな不義理な私のお願いを快く聞いてくださったお友達や自治会の会長や子ども会のみなさま!ありがとうございます!

先日、こんな記事がグリンピースのHPにアップされていました。まさにこの方が講演してくださいます。


「ママうみ座談会 第4回 千葉の漁港を訪ねて 漁業関係者からの声」

第15回目調査
「千葉県の船橋港、保田港、勝山港、岩井港、富浦港、船形港、鴨川港で行った海洋調査」はこちら。(グリーンピースより)


便利なだけの食に依存するのではなく、そのものがどこから来てどこへ行くのか、ほんの少し考えて思考を巡らす・・・・そうすることで次世代の子どもたちがまた少し知恵をつけることができるのではないでしょうか。






emoticon-0148-yes.gif 来て来て!emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-12 23:43 | こっちの事

東京湾「いのちの物語」

シロツメクサの会のイベントの紹介です。

a0261182_2049524.jpg


a0261182_20491134.jpg




浦安在住ママたちと頑張って勉強しよう!って企画しました。お近くの方は是非いらしてくださ〜いemoticon-0105-wink.gif

わたしたちは次世代を生きる子どもたちに何を残していけるのか、東京湾は今どうなのか・・・。
そのようなキリクチで今回の講演会は企画されました。加藤登紀子さんは私の世代より前の方には「百万本のバラ」でご存じではないでしょうか。で、その後は「難破船」も有名ですね。最近ではジブリ映画の「紅の豚」の主題歌「さくらんぼの実る頃」でもお馴染みですemoticon-0159-music.gif

政党が自民党に替わり、早速原発を再稼動するために精力的に動いています。
しかしながら、膨大な量の核のゴミをどう処理するかや、先の原発事故で今なお放射能を放出し続けている福島第一原発の廃炉さえも、目処が立っていないことは周知の事実です。

問題を先延ばしにするのも、取りあえず経済と置き換えて主張したり、国防のためと核武装に走るのも、結局は今の政治家たちが引退し、亡くなった後に尻ぬぐいさせられるのはわたしたちの子ども世代になります。
そのとき、後悔しないために、私たちはこの先何をこどもたちに残せるのか、今一度考え学ぶときなのではないでしょうか。

浦安もその恩恵を受けている東京湾。その東京湾にも2年後には大量の放射性物質が流れこむと昨年NHKは報道しました。
その報道内容は実際のところどうなのか。これから先日本の漁業はどこへ向かうのか。私たちのこどもたちに、日本の食卓を伝え残していけるのか。

60年以上東京湾で漁を続け、サンフランシスコ湾計画にも携わり、開発や原発事故のたびに政府や各省庁、海と向き合ってきた大野一敏さん。その大野さんにそのあたりをお話ししていただきます。

そして、水中写真家の中村征夫さんの東京湾の水中写真を流しながら、加藤さんのライブと大野さんのトークで浦安の新年をスタートさせていただきます。


どうぞぜひぜひお越しください。そして、よろしければ拡散の方もよろしくお願いいたします。


PS:
『行きます!』とだけ連絡くだされば、前売り価格で当日清算の置きチケットできます。お名前・枚数・連絡先・ご住所を明記の上、service-center@sirotsumekusa.sakura.ne.jp の連絡先にお知らせください。(このブログにコメントでもOKです〜〜)


*****************************
東京湾 いのちの物語
~海の記憶 私たちに引き継がれてきた大切なもの~

加藤登紀子×大野一敏×中村征夫(トーク&ミニライブ&写真)
さまざまな生き物たちが暮らす東京湾
暮らしに密着しながら、この海の中のことを
知る者は少ない
激動の変化を遂げた東京湾で
60年以上漁を続けてきた男がいる
その姿を追った水中写真家がいる
彼らの目を通して見えてきた東京湾は想像以上に
豊かな海だった
すべては遠く太古から脈々と受け継がれている
そしてつながっている
埋め立て、開発、地震、原発事故・・・
東京湾で今何が起こっているのか
東京湾から見えてくる
私たちが直面している現実
子どもたちに残していきたい大切なもの
大野一敏と往年の友人たちによる「うた×語り×写真」の夜
***************************
浦安市文化会館小ホール
http://www.urayasu-kousha.or.jp/urayasu-bunka/
入場料 前売1500円 当日1800円(全席自由)
2013年1月13日(日)
開場18:15 開演18:40  終了20:45
主 催  シロツメクサの会 
http://sirotsumekusa.sakura.ne.jp/xoops/

後 援  浦安市 
     東京湾北部巻網事業協働組合
     株式会社中村征夫オフィス
お問合せ シロツメクサの会  
service-center@sirotsumekusa.sakura.ne.jp 
Tel&Fax 047(355)8514 
チケット取り扱い窓口
■浦安市文化会館 (前売り・当日)
■市民プラザWAVE101(前売り・当日)
■ローソン  ( 前売り )
 Lコード35570
店内のLoppi(ATMのような機械)にLコード「35570」を
持っていき操作すればその場で簡単に購入できます。

※中村征夫さんは写真のみの参加です

**********************
シロツメクサの会より

大野さんは激動の変化を遂げる東京湾で60年以上魚を追う
船橋漁協の親分。
登紀子さんはシンガーソングライター。
千葉県鴨川で土を耕し大自然とのゆるやかな共生を模索・実践し
幅広い分野、年齢層にファンがいます。
中村さんは知る人ぞ知る水中カメラマン。

この3人は実は往年の友人同士。

世界中の海をめぐり魅力的な写真を発表し続けている中村さんが
東京湾の魅力に取りつかれ続けているのはなぜでしょう。
大野さんはなぜ開発が進む東京湾で漁師を続けてきたのでしょう。

お二人のお話を聞けば聞くほど東京湾への思いは熱く、開発や
環境汚染とのせめぎ合いの中、私たちに脈々と引き継がれて
いる海の生命力をズンと感じワクワクします。
こんなに近くに暮らしながら、全然知らない世界が
広がっていました。
 
けれどもどうして今、東京湾?って思った方も
たくさんいるんじゃないでしょうか。
原発事故を受けて子どもたちの被爆を心配し、見えない
放射能がら子どもたちを守っていきたいと発足したシロツメクサの会。

内部被爆のこと、原発のこと、エネルギーのこと…いろいろ勉強もしてきました。
原発から漏れ出した放射能が、この東京湾にも大量に流れ込む…と
NHKスペシャルで放送され戸惑ってもいます。
この事態にどうやって向き合っていけばいいのか。
私たちは何を失ったのか。
子どもたちに何を残していきたいのか。

大人として、生き物として様々な選択肢を迫られている
節目の時と認識を深めていきました。

だからこそ今、身近にある大切な宝物を再発見し、それを
次世代に残して行くために私たちがどうしたらいいのか。
海の魅力、人の魅力、登紀子さんの歌声に酔いしれながら、
現実を見つめ、希望を育み、いろんなことを感じられる
夜を過ごしましょう!

**************************
プロフィール
大野一敏
1939年3月船橋生まれ。「大平丸」社長。
東京湾北部巻網事業協働組合長、千葉県内湾巻網組合長を兼務。
船橋市観光協会会長。
NPO「ベイプランアソシエイターズ」を率い、海への提言も。
著書『東京湾で魚を追う』(草志社)など。柔道4段。船橋市湊町在住。

中村征夫
1945年秋田県生まれ。水中写真家。
ライフワークの東京湾をはじめ、海の環境問題や事件報道にも果敢に取り組み、
新聞、テレビでスクープ報道をするなど、フォトジャーナリストとして活動。
海の魅力、海をめぐる人々の営みを伝えている。
第13回木村伊兵衛写真賞、2007年度日本写真協会年度賞、第26回土門拳賞などを受賞。


加藤登紀子
シンガーソングライター。カーネギーホールで2度のコンサートを成功させ、
‘92年にはパリのラ・シガール劇場でのコンサートが認められ、フランス政府
より文化勲章「シュバリエ」が贈られる。
ヒット曲に「ひとり寝の子守唄」、「百万本のバラ」などがあり「知床旅情」はミリオンヒット。
3・11東日本大震災後には被災地を度々訪れ復興支援活動を行い、
鎌田實とCD「ふくしま・うた語り」を発表。
「鴨川自然王国」理事。WWFジャパン評議員。
2012年11月New Album「登紀子旅情歌―風歌KAZEUTA」(ユニバーサルミュージック)よりリリース。
近著:「命を結ぶ」(中央法規出版)
http://www.tokiko.com/








emoticon-0148-yes.gif 来て来て〜emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-06 06:00 | こっちの事

帰省の終わり・・・

明けましておめでとうございます!(ってちょっと遅いですが・・・)

年末年始連続お仕事だったので、少々忙しくしておりました。

私が子どもだった頃は年末年始は正月準備と本番と、正月明けてからもしばらくはお店も全部お休みで、遊びにいくところは映画館ぐらいで、おせち用意していなかったら本当に食べるものがお粗末になる状況だったと記憶しています。だからこそ、大切な日々で家族揃っていろいろと用意したのでしょう。

今はもう元旦からスーパーマーケットは開いているし、遊び場所は今が稼ぎ時とばかり大賑わいだし、逆に普段の日の方が静かですよね・・・。自分がパート仕事しながらもそんな事をふと考え、このエネルギーを考えていく社会の中、でも低迷する経済事情の中、何をどんなレベルで選択していくのか悩むところです。

息子は帰省してからまたもや宿題との格闘で1日1日を過ごしつつも、会いたかった友人たちと遊び、お出かけはさほどなかったものの、楽しい冬休みを過ごしました。明日、また屋久島に戻りますemoticon-0106-crying.gif

彼の中で芽生えた小さな発見や探求心のようなものが消えてしまわないように来年度を迎えてやりたいと思いますが、これがなかなか難しいところです。ほっとけば、忘れてしまうだろうし、あれこれ構うのも親のエゴになってしまいます。本当は我が侭を言って、アレしたいコレしたいと伝えて欲しいとも思いますが、漫然としているようです。

今まで無視だった音楽への興味が出てきたけど、こちらの小学校のブラスバンドは女子ばかり・・・。何か習う?といっても本人の希望のドラムは習うところがないし・・・。何か良いアイデアありませんか〜〜?(と他力本願emoticon-0138-thinking.gif

長いな〜と思っていた留学期間の1年もあと3ヶ月弱・・・。

本人は「2月が長いんだよ・・・」emoticon-0147-emo.gifと言ってますがemoticon-0136-giggle.gif


あともう少し屋久島の皆様にお世話になります・・・よろしくお願いいたします〜〜〜emoticon-0139-bow.gif


ここまで使ったら、鉛筆も天寿を全うしたと思うよ・・・emoticon-0131-angel.gif
a0261182_13581886.jpg








emoticon-0148-yes.gif てか、はよ宿題せ〜〜!emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-01-05 14:05 | こっちの事

Merry Christmas♪

帰省してきました〜〜〜息子くん。

帰って来るなり、お友達の家をアポ無し訪問し、驚かせて喜ぶという状況で初日を過ごし、その後クリスマスはせっかくの都会でのクリスマスなので、ちょっと外出して都会ならではの電力無駄遣い・・・・いやいや、イルミネーションキラキラの街中を見るために都内に行ってみました。
向かったのは、東京ミチテラス”
見たかったのは、「TOKYO HIKARI VISION」

いそいそと用意をし、電車に乗って東京駅まで・・・・そして、丸の内まで出向いたのです・・・

が・・・・

あまりの人の多さに“上映中止”になってしまってました!!が〜〜ん!




ちょっと予想はしていましたが、出向いたのに中止は残念emoticon-0106-crying.gif

で、せっかくだから丸の内でクリスマスご馳走でも頂こうかとレストランを探すが、これも大混雑!結局エレベータですら乗ることができず(というか並んで待つことができない家族・・・emoticon-0120-doh.gif

なんだかな〜〜〜都会暮らしが下手になっている自分たち(ぷぷぷ)emoticon-0136-giggle.gif


その昔・・・バブル絶頂期にはレストラン予約したり、パーティしたりemoticon-0123-party.gifと楽しかったけどそんな事がちょっと不思議に思うほど今はそこに向くエネルギーがないわ〜。(当たり前かemoticon-0144-nod.gif

結局、近場でちょっと御飯食べて、息子の欲しがっていた玩具のプレゼントを買ってその日はおしまい。で、翌日結局、家でチキンを焼いてクリスマスディナーにしちゃいました。家族はこれが一番良いらしい。ありがたいやらおかしいやら・・・・。

a0261182_16583910.jpg




10years letter をもらったので、サンタはもううちには来ませんemoticon-0171-star.gif

でも、今までの想い出がいつかまた違ったサンタを息子の心に呼ぶことと信じて・・・。

少しづつ、息子との関係や行事のあり方が変わってくる時期になりました。来年は来年でまた違うことがおこるのかとワクワク半分、ドキドキ半分・・・。


新しい年はへび年〜。息子もへび年〜夫もへび年〜クルッキーはヘビ〜〜〜末永くなが〜〜く元気にいきましょう。

MERRY CHRISTMAS & HAPPY NEW YEAR








emoticon-0148-yes.gif 留学して最後の帰省emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2012-12-26 18:55 | こっちの事

大切な人を守る方法って・・・選挙投票日に思う

さて・・・・いよいよ選挙投票日です・・・。

まだ心が決まりきらないですが、戦略的なことを思うより直感を信じてみようかと思っています。


ところで、以下がfacebookでシェアされていました。昨夜夫とバトルした意見の集約のようだったので、ここにメモっておこうと思いました。

「大切な人を守る方法は軍事力強化だけですか?」・・・・“坂本龍一から政治家のみなさんへ”




売国もイヤだし、自虐史もイヤ、でも戦争も徴兵もイヤです・・・ビンボ〜もイヤだし、仕事がなくなるのもイヤ、でも原発推進もイヤです・・・私。それって矛盾しているのでしょうか?
[PR]
by taaachen | 2012-12-16 11:19 | こっちの事

選挙のはなし

12月になってから、バタバタと師走ならではの慌ただしさに突入しとりますemoticon-0141-whew.gif

先日市内で行われた、『衆院選千葉5区の立候補予定者による討論会』というのに行ってきました。各政党から出馬する人もしない人もそれぞれの個人意見も交えながらの討論・・というよりは主張大会?という感じでしたがemoticon-0133-wait.gif

聴講している人は往々にして年配の方が多く、比較的若い人やお母さんの姿は少なかったように思います。タイミングや場所の問題もあるから仕方もないけど、でも今回の選挙って実は若い人たちが一番参加しなくてはいけないものだよねと、友人とは話しをしました。

こういった政治がらみの話しを同じ子を持つママ友さんたちとできるというのは、私は有難い事だと思っています。

学校の生活、日常の生活、勉強や遊び、習い事や塾、受験や進学、就職や結婚・・・すべての日常はこの国の土台があってこその意味ある行動になります。


311以降、政府と一部の金持ちの思惑、マスメディアの報道の仕方に、まさかまさかと思いながらも抱きつつあった不信が確実なものになってしまったと私は思っています。

311はただ大きな災害であっただけではなく、日本という国のあり方そのものを内外に知らしめました。
最初は品位を褒めちぎり、後にその裏側に潜む無関心に気付き始めています。自分たちの事を他人が勝手に決めるのってイヤだ、と普段は思うのに、政治家を決めるときは無関心というのは不可思議。

国がなぜ原発をそれほどまでに推し進めたのか、そして事故を隠す努力をしたのかを冷静に見つめたときに、そこに繋がる様々な思惑が見え隠れするのではないでしょうか。
国は戦争をするとは言わずに戦争をするかもしれないし、兵士になれとは言わずに兵士をつくるかもしれないし、原発再開とは言わずに再開するかもしれない・・・。



そして今日友人の一人が、facebookで書いてくれたメッセージが届きました。私は心に響いたのでここでもシェアします。


::::::::::::::::::::::::::::::

選挙の話?

いやだいやだ、政治的だねって言わないで。

私たちの暮らしも、目の前ですやすや眠っている子どもの未来も、
政治に嫌というほど左右されることを身をもって学んだはずだから。

学ぶにはすでに失ってしまったものが多すぎるけど。

特に原発事故が起きてしまって、娘や姪っ子たちや母や猫を
連れて島根県に避難したとき、毎日毎日美しい自然の中で、
ケラケラと笑い、深呼吸し、きれいな水を何のためらいもなく
ごくごくと飲み、雪合戦をし、土から野菜を掘り起し、7人分の
ご飯を作りながら、あ~私たちは美しい空気と、水と、土や森が
あれば生きていけるのだと

そのどれか一つでも失えば生きていけないのだと

そのことを目の当たりにしました。

そして私たちが大人であること時代に、こんなにも大切なものを
汚してしまって、取り返しのつかないほどに失ってしまって、
ごめんね、ごめんねと何度も泣きながら心の中であやまりました。

こんな大切なものを失ってまでほしい豊かさなんてないとわかりました。

原発事故の後もなお、電気が足りなくなる、停電すると東電は
騒いでいたけれど、私たちをバカにしないでほしい。

原発は電気のためだけにあるのではないことも知りました。

私たちは今、生き物としての岐路に立ち、選択を迫られている、その時なのです。

政治の話をして何が悪い。
当たり前のように話そうよ。

活動家なんて呼ばないでほしい。

私はただの人。

子どもを持つ一人の母親。

日々の生活を、友人との大切な時間を、大好きな人たちの
笑い声を、子どもたちの未来を大切に守りたい。

選択する責任、流れに乗せられるのではなく、流れを作って
いく責任、うねりを生み出していく責任を感じています。

シロツメクサの会を立ち上げたとき、私たちが願ったこと。

叶えたくて叶えたくて勉強会もした、署名運動もした、市長と面会もした。

動いても動いても頑なだと感じたこの体制。

でも今この選挙に一人一人が票を投じることは、大きな近道になるかもしない。

いや、もっと大きな組織票に私たちの希望ごと連れ去られるのかもしれない。

若い世代が投票することが組織票を打開する一番の方法だそうです。

よくよく考えて、選挙に行こうよ!




坂本龍一から政治家のみなさんへ



<シロツメクサの会 森沢典子さんよりhttp://www.facebook.com/noriko.morisawa.94 >





emoticon-0148-yes.gif 選挙にいこう♪・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2012-12-12 13:34 | こっちの事

サンタなしのクリスマス

何だか、屋久島に出向いた事を書いて、しばらくこちらを放置していたら、気付けば師走も間近・・・emoticon-0104-surprised.gif

ということは・・・冬休みも間近・・・。ということで、
帰省してきます、息子が!


でも私はきっとバイト三昧な年末年始。人手不足&販売は師走がかき入れ時、休んでなんぞいられません。なので、息子は思いの外ほったらかされてしまいそう・・・
(他人事のようだ・・・emoticon-0125-mmm.gif

さて、冬休みと言えばクリスマスemoticon-0171-star.gif無宗教だが、しいていえば仏教の我が家ではありますが、多くの日本の家庭同様、イベントとしてのクリスマスを毎年してきました。

一応、サンタさんからのお手紙も来ますし、ツリーの下にジンジャークッキーとミルク、そしてルドルフの好物のニンジンも置いて、その夜は全員で眠ります。朝になるとクッキーとミルクは無くなっていて、ニンジンは時折、齧られていましたemoticon-0136-giggle.gif
そして、息子には必ずプレゼントが!!


でも今年はそのサンタは来ません。なぜなら昨年のクリスマスに、
『10years letter』
が届いたから・・・。

『10years letter サンタより10歳の君へ』というのは・・・こういうの↓



『今年10歳になったあなたへ

あなたがいつもいい子なのをサンタは知っています。ですが、サンタからのプレゼントは今年が最後です。

世界中には毎年たくさんの子供が生まれています。そしてサンタからのプレゼントを待っています。

でもサンタがすべて行くには限界があります。そこで、素敵なお兄さんお姉さんに成長した子へのプレゼントは、その子の親にお願いしています。来年からは、君のご両親に欲しいプレゼントを相談してください。

君が家族とよいクリスマスを過ごせるよう祈っています。

メリークリスマス

サンタクロース』

下記は手紙の内容とは関係ありません〜
『anta's Greetings from Rovaniemi - The Official Hometown of Santa Claus in November 2012』より






ということで、我が家には今年はサンタは来ません。親の私たちで息子にプレゼントを考えてやります・・・むふふふふふ♪

さて、どうするかな〜?



クリスマスというと思い出すのが、ニューヨーク・サン紙の有名な社説〜。




emoticon-0148-yes.gif 素敵なクリスマスを・・・ポチッとお願いしま〜す
にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2012-11-28 03:18 | こっちの事

補足〜〜<あすエネ!in 浦安>

ということで、先週この<あすエネ!in 浦安>の田中優さんの講演会が無事成功裡に終わりました。
満員御礼〜とまではいかなかったのですが、ほとんど宣伝ができていなかったので、かなりやきもきしましたがそこそこ入場してもらえたので、良かったです〜。でも内容を聞くと、もっと多くの子どもをもつ親御さんに、また市議会の人や環境問題に取り組んでいる地元の人にも聞いてほしかったな〜と思いました。

結局、311の事故のあと大きなリスクと否応も無く向き合わねばならなくなったのは他でもなく今の子供たち、そしてこれから産まれてくる子供たちなので、私たちが向き合わないと子供たちに顔向けできないなと思います。その上でどう行動していくかは、個々がそれぞれに判断すればいいことなので、知らなくて良いとか、知ってどうするといった判断だけはしたくないと思います。

田中優さんも
“何年か後に後悔しないよう”
“社会は変えていける”
“未来の子供たちに感謝される大人に”
“もうひとつの未来をつくれる大人に”とおっしゃって締めくくられました。

インターネット配信で著名な岩上さんのところのIWJが取材してくださり、アーカイブが今公開されていますので、ここに貼っておきたいと思います。

【あすエネ!in 浦安 田中優氏 講演会 】
http://www.ustream.tv/channel/iwj-chiba1




↓ emoticon-0148-yes.gif ポチッとお願いしま〜す

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2012-10-01 21:16 | こっちの事