この法案、どうなんでしょう

このブログで書くかどうか、迷う所なんですが、子どもたちの将来に関係してくる話だと思ったので、できる限り公開できるならするべきかと思い、書き留めます。

どうか、目にされた方はご自分でよく考えられ、もしまずいなと思われるようであれば、是非政府のパブリックコメントに意見を入れてください。

その法案とは「秘密保全法」 というものです。

元はというと尖閣諸島などに発端をなし、国際情勢におけるテロやスパイ行為抑制の為、ということで発案されたということなのですが、ただこの法案、非常に適用範囲に曖昧なところがあって、捉えようによっては、国が私たちの知る権利をとことん押さえつけることができるという、かつての戦時中のような日本にならないとは言えない微妙な法案なんです。

こういう話し、個人であ〜だこ〜だいうより有名人がぽろっと言ってくれた方が良くわかったりしますよね。特に政治に詳しいとかではないような人が・・・。で、いらっしゃいましたよ。

女優の藤原紀香さんがブログに書かれていました。

これ→http://goo.gl/uwJvh7

そして、この法案の異議申し立てをしたいと思ってもパブリックコメントはなんと2週間。
しかも〆切は9月17日(火)! え〜〜もう明日、明後日という!!

パブリックコメントは小難しく書かなくても、『とにかく反対』とかでも大丈夫だそうですよ。
追記:何回でも書けるそうです。

勿論、現状のアジアにおける日本の立場は危ういし、スパイなんかの秘密漏洩はまずいと思いますよ。でもね、やりようはもうちょっとあるでしょ〜とかって思います。


時間がないので、とにかくシェア〜〜〜。



わかりやすくまとめてあったのが、山本太郎さんのブログ。
http://goo.gl/rqNARr

こちらはパブリックコメントをアピールされています。
http://nohimityu.exblog.jp/20720759/

そして日本弁護士連合会より
http://goo.gl/ATVJRw

そして政府のパブコメ受付
http://goo.gl/EFakru


ついでにこんな法案は私たちが知らぬ間に可決されてます。これって、『廃炉作業員臨時召集令状』になるんじゃない?というのがあちらこちらで話されていることです。

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う、原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への、対処に関する特別処置法
(最終改正 平成25年6月21日法律第五四号)

以下、第五条まで省略。

(国民の責務)第六条
国民は、国または地方公共団体が実施する、
事故由来放射性物質による、環境の汚染への対処に関する実施に協力するよう、努めなければならない。

↓こちらのブログで書かれていたので、リンクを貼ります。
http://goo.gl/GQLKfY
[PR]
by taaachen | 2013-09-15 19:03 | ちょっと情報
<< トークイベント☆ こどもたちと... 母の学び〜パワーリーディング〜 >>