「島の先生」ドラマはドラマ

家のテレビが映らない状態なので、気にしていなかったドラマ・・・
『島の先生』NHK土曜ドラマ

でも、これ、屋久島の留学生仲間の皆さんや里親さんも取材を受けたりしたので、その中では結構話題になっていました。で、先週の土曜日に第一回が放送されましたが見た人の感想では若干マイナス評価・・・。というのも、設定が極端で、子どもも大人も難あり〜な話しにされている・・・からなんです。

と、テレビないくせに言い切ったのは、テレビじゃなくオンデマインドで観ちゃいましたんで037.gif
やっぱし、屋久島で取材がされたとあれば、テレビが映らなくても何らかの方法で見なきゃ〜「いつ見るの〜?」「いまでしょ〜!」ってことで、210円払って観ました〜へへへ

んで、感想は・・・皆さんとほぼ同じく、『極端な設定〜』でした。
ま〜でもドラマって往々にしてそうなりますよね〜。言い換えれば日常の何気ないやりとりじゃ脚本になりにくい、ドラマ仕立てにしにくいということでしょうか。

ただその極端と思える設定の裏で見え隠れしている、『子どもに問題がおこるのは、子どもが悪いのではなく、親に問題がある』というメッセージはうなずくところが多かったように思います。

ま、とはいえ、留学生も留学生の親御さんたちもかめんこ留学でお会いした皆さんは本当に素敵な人ばっかりでしたよ〜。確かに自分も含め、いくばかりか風変わりなところもある(とは同じ留学生の親御さんのご意見=納得〜)親御さんは多いけど(ふふふ)。だから、ドラマでの留学にくる子どもたちは"全員何か問題をかかえている"・・・という設定のような状況は実際にはないです〜。(きっぱり)

ドラマはドラマ・・・実録でもドキュメンタリーでもありませんので、そのあたりを忘れず観賞しましょ〜〜〜。ただ取材されただけあってか、環境的な設定は実際の島ぐらしを彷彿とさせるようで、息子も懐かしい〜って喜んで観ていました。(沖縄チックな感じは屋久島には無いですけどね。)

ホームページにも『荒井修子さんによるオリジナルストーリですので、番組終了時にも、「このドラマはフィクションであり実在する人物・団体とは関係ありません」とテロップ表示しています。』と断りがされてはいますが、いろいろな勘違いを生むこともあるやもしれませんね。









::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

と言ってる間に第2話も放送されてます〜。実はスカイツリーに電波塔切替が5月31日になされたことで、アンテナが崩壊したうちの家でも映りだした〜すごっ!スカイツリー!






049.gif でも観ないかもな〜テレビ
072.gif・・・ポチッとお願いしま〜す

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊毛郡屋久島町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by taaachen | 2013-06-01 22:58 | 戻って(いろいろ)
<< マーブルロケット打ち上げ 子ども幸福度世界一?〜オラン... >>