「ほっ」と。キャンペーン

左利き

突然ですが・・・・息子は左利きなのであります・・・。

左利きになる理由とは・・・?これ、諸説あって結局よくわからない、という事らしいです。
もともと人間の脳は右利きになるようにプログラムされているのが、出産時の何らかのストレスにより左利き似なるという説や、遺伝から左利きになるという説、また妊娠中の聴覚野の発達具合で変わるという説、利き手のきまる3〜4歳の頃の習慣によるものという説・・・・まぁいろいろ・・・・。

確かに息子も最初から左利きだったのかといわれれば、赤ちゃんの頃はどちらでも無かったように思えます。しかし保育園児だった頃から絵を描くときには画材を左手に持つことが多くなり、保育園の先生も最近は特別利き手を強制することは良くないという判断から、そのままでした。私自身も矯正ということにあまり賛成ではなかったため、左利きOK〜で進めていました。というか、右へ習え〜という考え方が苦手だったのかも にゃはは〜〜



ただ、小学校に上がり、習字を始め出すと筆書体はやはり右利き用の仕様です。上手に画くためには右に持つべきと本人が判断したようで、右で書いています。今では得意分野になりました。
お箸や鉛筆や他の事は基本左ですが、パソコンのマウスなどは左に変えるのが面倒ということで、右で使っていますし、工具類はものにより右で使っています。こちらから見るとかなり器用に見えるのですが本人にとっては自然な流れだそうです。




ええ〜と、ところで、この今まで何となくまあいいか〜で流していた左利き・・・が留学して矯正されることに〜emoticon-0104-surprised.gif

留学先の里親さん宅にいるおじいさんには左箸はどうもNGということで、直そうということになったようです。
これは苦労するかな〜と思いきや・・・あれ?矯正完了??
a0261182_1571614.jpg








本人曰く、全然平気〜もうどっちでも使えるよ〜emoticon-0147-emo.gifですって!

凄い、人様ん家効果!自宅だと親も子も甘えが出て、まぁいいか〜と流れていることが、留学先だと大人もキチンと教えてあげないととなるし、子どもも甘えられないしで、まぁ上手くやれるもんなんですね。別段左でも・・・と思っていましたが、箸は確かに日本文化だから、持ち手を変えることで、少しづつ日本の食卓のルールが違ってきてしまいますよね。皿の配置とか・・・。隣に並ぶ人も肘が当たる、当たらないで気遣いさせてしまいますし・・・。右に出来るなら右の方がいい・・・箸文化!
箸の持ち方は必死で教えたんですけどね・・・emoticon-0138-thinking.gif

いろいろな人に触れる機会というのはほんと、有り難いです〜〜〜〜emoticon-0105-wink.gif
[PR]
by taaachen | 2012-04-30 17:28 | 留学
<< 田んぼ草取り きょうだい >>