まずは面接

屋久島町には3つの留学制度があります。

☆永田小中への留学の「かめんこ留学」
☆栗生小への留学の「まんてん留学」
☆口永良部島(金岳小中)への留学の「南海ひょうたん島留学」

それぞれの地域の方たちとその町で過ごしていくので、そこでのコミュニティで育てて頂きます。


我が家は「かめんこ留学」でお世話になります。

留学の詳細はこちら〜
http://www.kamenko.info/index.html



10月下旬に書類を取り寄せました。そして面接日を決めて頂き、11月下旬に面接に屋久島へ家族で向かいました。

面接なんて、親は社会人になるときの会社面接以来だし、息子は基本初めてだし、そりゃ家族で緊張しました〜。場所は小学校の校長室で、留学実行委員会の皆様に囲まれて(いや、対面ですけど・・・)の面接。
受験とは違うので、面接で見られているのは親なんでしょうね。基本親子関係は良好かどうかがポイントなんではないかと思います。
子どもはどんな子でも良い子なんです、問題は親です・・・・という委員会の方の言葉が印象的でした。

面接自体は学校業務が終了してからだったので、夜になってしまいましたが、日中に学校見学を許して頂いたので、息子とあちらこちらを見て回りました。このときに感動したのが、小学校の生徒たちの屈託のない笑顔と挨拶。留学生慣れしているとはいえ、客人にほぼ全員が見事に挨拶してくださいました。都市部の小学校しかしらない私たちには驚きでした〜。

ちょっと昭和のにおいを感じる校舎を回りながら、なんだかワクワクした気持ちがわきおこったのを今でも覚えています。懐かしさなのか、ゆっくりした時間なのか、ノスタルジーなのか????

a0261182_1733379.jpg

[PR]
by taaachen | 2012-04-02 02:00 | 留学
<< 留学決定 留学にあたって >>